ドキドキ!プリキュア 第26話 『ホントの気持ちは?六花またまた悩む!』

記事がかけない間に・・・・
例年であればシリーズ前半の転機になる23、24話はとうに過ぎてしまいました(^^;)。
レジーナの一旦退場と新キャラのキュアエースがありましたが、の「中盤の決戦!」とか「背水の陣!」
という雰囲気とはちょっと違いましたね。

まぁ、キングジコチューとの対面も既に済ませてたし。
そして、レジーナを失ったことにより挫折したマナが立ち直ることを皮切りに始まった「プリキュア、5つの誓い」シリーズ。

それぞれの近いが場当たり的に感じますが、それはともかく今週の第26話。
ボクはこいう話を待ってましたよ!

最近、ダンボール戦機ウォーズの軽いラブコメ話を見てて、プリキュアでもこーいう話があればいいのにとか
思ってたので。

ええ、甘酸っぱい話大好きですよ。

「青くてふわっとして、キラキラしてやがって・・・」とか言ってましたもんね、イーラ君。
しかし、ボーリング場は上位幹部に取られちゃったのね。

ところ変わって大貝第一中学校の教室で。
将来の夢を「総理大臣になりたい」と語るマナが偉大すぎる・・・・(笑)

一方、六花は当然、お医者さん・・・・かと思えば、「それが自分の意思によるものなのか、母親に影響されただけ
なのか、わからない」と。

好きなこと見つけて、それなりに目標を挙げて頑張ってたけど、それが努力なのか、現実逃避なのか判らなく
なった事があるワタシとしては凄ーく親近感を感じてしまいます(笑)

しかし、「明日デートしようか」と言われて赤面したり、六花に介抱されるイーラにヤキモチを妬く
ラケルも微笑ましいw
親が帰って来れなくなって内心落ち込む六花を思いやったり、六花がその気持ちを察したり、
六花とラケルの関係性も良く描かれてましたね。

イーラを助け、庇うダイアモンドを問いただすエース。
さらにグーラが襲撃する中、イーラも記憶を取り戻す。
その事に「良かった」と言うダイアモンドに戸惑いながら「変なヤツだな・・・」というイーラ。

この時の動揺するようなイーラの演技が、さすが田中真弓さん素晴らしかったですね。
ギリギリ攻撃に見える手助けをして去るイーラ。

六花は自分の気持ちに確信を持ち、帰宅した父母に改めて医者になることが夢だ、と
告げるのでした。

プリキュアシリーズの常で、今回の件は最終回付近まであまり触れられないのかも・・・と
思いますが、そのときこの重要性を再認識させてくれるんだろうな、と思います。
(フレッシュ・プリキュアの時も、サウラーと美希が関わる話をやって欲しかった…)

・・・・といったところで、夏の同人活動のお知らせです(ぉ)

夏コミでロツレチリハの稚代さんが夏コミで頒布する、
ジョー岡田アンソロジー「岡田じゃ騎士-ナイト-」にモノクロイラスト1ページで参加しました。
参加者89名、ページ数148頁に達する超岡田本です(A5サイズ)。カラー頁も20頁あるそうです。

8/10は、サークルスペースの東5 ヘ-43b、ロツレチリハさんでの 頒布となりますのでよろしくね♥
表紙

岡田じゃ騎士-ナイト- by 稚代★レインボー生足ウェーブ on pixiv

黒森の原稿サンプル あと、過日のこととなりますが、7/14に5回目となった「キュアパッション聖誕祭」というイベントが行われまして、 会場内に貼るポスターの作成をご依頼いただきまして、描きました。pixivに貼ったので、ご高覧いただけると ありがたいですw

カテゴリー: アニメ・特撮感想, 同人活動 タグ: , パーマリンク

10 Responses to ドキドキ!プリキュア 第26話 『ホントの気持ちは?六花またまた悩む!』

  1. ピンバック: 四十路男の失敗日記

  2. ピンバック: ぬる~くまったりと

  3. ピンバック: しるばにあの日誌

  4. ピンバック: のらりんすけっち

  5. ピンバック: MAGI☆の日記

  6. ピンバック: 日々の記録

  7. ピンバック: 流浪の狂人ブログ〜旅路より〜

  8. ピンバック: 空 と 夏 の 間 ...

  9. ピンバック: リバー オブ チェリー

  10. ピンバック: 『真・南海大決戦』

コメントを残す